愛、愛、愛!

エドガー・ライト『Baby Driver』

 

大感動!

音楽への、そして、SONYへの、愛、愛、愛。

別に泣かせる映画だとは思いませんが、なぜかラストが泣けました。

タイトルと宣伝を見ても、正直、アンマリ面白そうな映画ではなかったので、期待してませんでした。

たしかに、主演は新人です。

風貌は全然似てませんが、どこか、ジョン・ベルーシを思わせます。

普段は茫洋としていて、木偶の坊みたいなんですけども、イザという時の140%くらいに跳ね上がるテンションが素晴らしい。

運動神経なさそうに見えて、予想以上に動き回るところも、オッ!すごいじゃないか。と思わせます。

 

f:id:mclean_chance:20170917225438j:image

主人公のベイビィ。本名は。。

 

出だしの圧倒的なカーアクション(なんと、ジョン・スペンサー・ブルース・イクスプロージョンがかかります)で、一挙に引き込まれてしまいます。

ベイビィ。とは主人公のあだ名でして、彼の職業は犯人の逃し屋です。

ある事が原因で仕事中は常に音楽を聴き続けていないといけないという体質になっており、つまり、全編にわたって、ベイビィが聴いている音楽を私たちは聴いている事になります。

その音楽の使い方がものすごいセンス満点で、しかも、歌詞の内容とシーンがピッタリ合っているんです。

オペラやミュージカルは、まず脚本があってそこに音楽をつけていくわけですけども、コレは、出来上がっている曲と脚本があっているという作り方なんですよ!

 

f:id:mclean_chance:20170917225557j:image

音楽のようにスムースなカーアクションは、驚きですね。

 

こんな作り方、見た事がない。

犯罪者を逃す。という仕事柄、当然ですが、ドンパチがなかなか激しいんですけども、音楽と銃撃の音が合っているとか、ちょっと考えられないような映像と音楽のシンクロが起こっているんですね。

それはカーチェイスでもそういうシンクロが全てではありませんが起こっているんです。

ベイビィは、とてつもないドラテクのある天才で、その運転シーンは、たとえば、ジェイソン・ボーンシリーズやミッション・インポッシブル(両者の「すごさ」には明らかに哲学の違いがありますけども、それを論じるのは本旨から大幅にズレますので、省略します)、などともまた違った、まるで、ダンスしているような動きで、もう別次元です。

見た目は、ふつうの青年であるベイビィがなぜこんな危険な稼業をしているのかが、このお話しのカギですので、ココは言えませんけども、こういう主人公の一見無茶な設定に対する説得力が、ちゃんと、天才的なドライヴァーである事と無類の音楽マニア(しかも、カセットテープでミックステープを作るのが趣味なのです)という事とムリなくむすびついているのが素晴らしいです。

 

f:id:mclean_chance:20170917225921g:image

犯罪組織の頭目がケヴィン・スペイシィ。

 

そして、そんなマンガみたいなキャラクターに主演のアンセル・エルゴートが違和感ないどころか、いつの間にか彼の不思議な存在感にスッカリひきつけられてしまうのです。

コレには参りました。

そんなベイビィの恋人になる、デボラという女の子がまたいいんですよ!

 

f:id:mclean_chance:20170917225717j:image

ベイビィとデボラ。

 

ベイビィとデボラがコインランドリーでT-Rexを聴くシーンは、必見でございます!

あと、ジョーという、ベイビィと一緒に暮らしている耳の不自由なおじいちゃんがものすごくいいですねえ。

 

f:id:mclean_chance:20170917230214j:image

ジョーとベイビィは手話でコミュニケーションを取っている。

 

このおじいちゃんは、スピーカーの振動を手から感じ取って音楽を楽しんでいるですが、そういう細かい演出がホントにうまいです。

強盗として、ちょこっとだけレッド・ホット・チリ・ペパーズのフリーが出演してますよ。

 

f:id:mclean_chance:20170917225757j:image

あっ、フリーだ。

 

f:id:mclean_chance:20170917230027j:image

 

とにかく、ちょっと見た事のないような映画で、それでいて、青春映画の王道としても見事な映画でありました。

とにかく映画館で見ることを強くオススメいたします。

なんというか、映画と音楽の関係がまた1つ次元が上がりましたね。

唯一、惜しむらくは、サントラの曲の字幕があまりキチンとついてない事ですね。

歌詞の意味が、そのままシーンとリンクしているのですから、DVDにする際全曲つけた方がいいですね。

エドガー・ライト、恐るべき才能の持ち主です。

 

f:id:mclean_chance:20170917230346j:image

 

 

 

 

 

 

 

ハリウッドを凌いでいるのではないか。

チェ・ドンフン『10人の泥棒たち』

 

f:id:mclean_chance:20170916175356j:image

 韓国、中国のスターが勢ぞろい!

 

『オーシャン11 』の焼き直しなのかな?などと思ったアナタ!

コレはもうオドロキの映画なのでございます。

ツタヤが「コレは絶対に面白いです!」と激推ししていたのは、間違いなかったどころか、期待値を遥かに超える作品でございました。

ストーリーは少々粗っぽいですが(物語の性質上、内容は一切述べないほうがよいでしょう)、まあ、それを補って余りあるキレまくりの展開と、見たことのないようなアイディア満点のアクション!

ドンパチの凄さは、やっぱり本当に徴兵制があって、隣が独裁軍事国家である(しかも停戦協定中)国だけあって、ものすごいです。

金大中政権の時に、韓国映画界は、国策として、ハリウッドにわたって、直接技術を学んできた人々がたくさんいる。というのが、2010年代に入って、ついに大爆発を起こし、今や、ハリウッド本家すら超えようとしているのでは?と思わせる凄さがありますよ。

 

f:id:mclean_chance:20170916175548j:image

 止まっている絵では全く伝わりませんが、もう、『ダイハード』と『クリフハンガー』が一緒になったみたいなすごいシーンなのです!

 

そして、ちゃんと峰不二子と言いますか、ボンドガールといいますか、そういうお色気もちゃんとあります。

泥棒映画というのは、古来、傑作が多いんですけども、コレは、そういう系譜からいうと、多分、外道といいますか、先日紹介しました『技術者たち』みたいな、筋肉と骨の素晴らしさで見せるよう素晴らしさではなくて、『ミッション・インポッシブル』シリーズの面白さですよね。とにかくてんこ盛りです。

 

f:id:mclean_chance:20170916175452j:image

ちゃんとあります、金庫破り!

 

アクションシーンの撮影のアイディアは、トム・クルーズ映画級で、正直、映画館で見た方がどう考えても面白い事この上ないと思います。

マカオ、香港、ソウルを舞台にして、ココまでサービス満点なエンターテイメントを作ってしまう現在の韓国映画の凄さは、もはや、映画史に記録されるべき出来事と言わざるを得ません。

悪いことは言わないですから、すぐにツタヤに行って、本作を見た方がいいです。

 

f:id:mclean_chance:20170916175717j:image 

DVDの吹き替えが驚くほど豪華です。

コレは、吹き替えで見る事をオススメします。 

 

変態はとまらない!

増村保造痴人の愛

 

 f:id:mclean_chance:20170907231701j:image

 オープニングがカッコイイですねえ。

 

谷崎潤一郎原作の映画化(3度目)。

31歳の製造業に勤めるリーマンのジョージ(小沢昭一)がナオミ(大楠道代が安田道代として活躍していた頃ですね)という女に食いものにされていくお話しです。

 

f:id:mclean_chance:20170907231915j:image

自分の理想の女に育てようとしている小沢昭一

 谷崎独特のどM感が全編にわたって横溢しているんですが、それをズブズブではなく、サラッと描いているのが増村らしいです。

 

その吸血鬼はジョージだけでは飽き足らず、慶応大学の学生までグイグイと巻き込んでいんですが、アレッ、田村正和(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20170907232012j:image

 

まだまだ存在感は全くありませんね。

原作は、1925年に単行本が出たんですけども、お話しは現代になってます。

見ていても特にどの時代か。という事はそんなに重要ではないので、戦後日本に置き換えやすかったのでしょう。

 

f:id:mclean_chance:20170907232140j:image

ヤバい描写ですね(笑)。

 

『刺青』や『卍』もそうですけども、谷崎潤一郎は、大正から昭和初期にかけて、なかなか挑戦的な作品を書いてますが、これらをことごとく増村は映画化していて、
そのいずれもだいたい90分くらいの、要するにプログラム・ピクチャーとして増村は撮っていたんですね。

でも、全く安普請な感じが一切せず、あっけらかんとしていて、小沢昭一があっという間に転落していく様をドライに見せております。

本作の見どころは、ナオミではなくて、転げ落ちていくドMの小沢昭一でして、いやー、もう見事でございますよ(笑)。

たった1人で馬になるシーンはもう最高でございますよ(笑)。

なんというか、客観的にはひどいんですけども、当人たちはとても幸せな境地に至ってしまう、なかなか結構な作品でございました(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20170907232305j:image

原作よりも早いところでパツン。と切るように終わるのがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

荒木飛呂彦もビックリな映画!

フェデ・アルバレスドント・ブリーズ

 

f:id:mclean_chance:20170831235616j:image

 ゴーストタウンにたった1人で住んでいるおっさんの家から大金を盗み出そうとする3人。

 

コレはよく考えられた映画だなあ!

映画の性質上、ネタバレしたら、全く面白くないので、できるだけしないようにしますけども、ホラー映画の「暗い密室」というシチュエーションから、こういう映画がまだできるんだ。という映画ですね。

 

f:id:mclean_chance:20170831235821j:image

こんな弱々しそうなオヤジですが。

 

ホラー映画は、主人公たちが、わけもわからず、怪物たちに襲撃されて、殺されていくわけですけども、本作は、実は、悪いのは主人公たちというのも面白いですね。

銃を所持しての不法侵入と大金を窃盗しているんです。

 

f:id:mclean_chance:20170831235906j:image

異様な身のこなし!

 

この視点の倒錯感は、本を正せばヒッチコックではありますけども、それをより今日的な、「ビンボで希望も夢もないデトロイトの白人の若者」による犯罪にしているんですね。

 

f:id:mclean_chance:20170901000103j:image

野生生物ですね。。

 

足を骨折してヒマな中年のオッさんがカメラの望遠レンズで隣人の生活を覗く。という、言わずと知れた『裏窓』みたいな優雅さではなく、ガチのデトロイトの厳しさが背景ですね(そういう意味で、もうかつてのアメリカ映画のような世界は、もうアメリカには存在しないというこの事でも)。

この家に住んでいる男性もまた、気の毒な人です。

あの愚かなイラク戦争で負傷して、失明してしまっているんですね。

で、家族はいるようなんですが、天涯孤独になってしまっています(なぜこうなったのかは、本編の核心なので見てください)。

登場人物はたったの4人(実はそうではないのですが)。

舞台は、ほぼおっさんの家の中。

経済破綻したデトロイトから逃げたじているので、周りは誰も住んでいないんですね。

盲目のおっさんは、自衛のために戦っているのですが、シチュエーションが完全にホラー映画のモンスターが、主人公たちを襲撃しているのと同じなので、なぜか悪い人逃げたじて見えてしまうという、ホラー映画というものの持つ構造の強さが、価値観を転動させているのがとても面白いですね。

 

f:id:mclean_chance:20170831235959j:image

かなり正確に銃を撃ってきます!

 

こういう発想はちょっと思いつかなかったです。

最近のアメリカ映画には珍しい、わずか90分の映画で、恐らくはかなりの低予算映画ですが、シャレにならないほどの超高密度です。

 

f:id:mclean_chance:20170901000239j:image

 近接戦闘で勝てる見込みはほぼありません!

 

プロデューサーにサム・ライミがいるのも納得。

それにしても、今のアメリカの貧しい白人がのし上がるには、ココまでしなくてはならないのか。という所がウウムではありましたね。。

 

f:id:mclean_chance:20170901000320j:image

 

 

 

韓国映画の水準の高さを証明する傑作!

キム・ホンソン『技術者たち』

 

f:id:mclean_chance:20170827234133j:image

 キム・ウビン演じる金庫破りがとにかく見事!

 

ジョン・ヒューストン『マルタの鷹』のように、体脂肪率が10%を楽々と切った、良質なタンパク質だけで見せてしまう映画はそうないですが(増村保造くらいでしょうね)、それがなんと、韓国映画にあるんですね。

タイトルが『プロジェクトX』みたいですけども、見事なクライムサスペンスで、1秒のムダのない構成力をもつ脚本に惚れ惚れとします。

主演のベネディクト・カンバーバッチを思わせる、韓国の大スターキム・ウビンが演じる天才金庫破りが素晴らしいです。

相棒のマサ斉藤みたいなコメディリリーフのおっちゃん(韓国映画が詳しくないもので、役者の名前がわかりません)と、天才ハッカーでヒップホップが好きな青年(韓国映画に詳しいないので以下省略)がまたいいキャラです。

こういう、華麗なテクニックで犯罪を行なっていく映画には、傑作が多いですけども、本作はその伝統を継ぎ、そこに更に内容的なアップデートまでしてしまった、昨今の韓国のエンタメ作品の中でも屈指の名作です。

 

f:id:mclean_chance:20170827234312j:image

うまいこと宝石を盗み出した3人。

 

この天才金庫破りトリオのとてつもない実力に目をつけた悪い社長さんたちが、彼らを拉致して、仁川湾にある、隠し資産の1500億ウォン(日本円で約150億円です)をセキュリティを破って盗み出そうというのが大筋です。

 

f:id:mclean_chance:20170827234412j:image

 この面々を中心に1500億ウォンを盗み出すのだが。

 

これ以上は作品の性質上。実際に見ていただいた方がよいでしょう。

とにかく、伏線の張り方からどんでん返しの連発まで何から何まで完璧という域に達していて、見ている方はとにかく「うめー!」とただ感嘆し続けて、見続けるばかりです。

ココまで惚れ惚れと見ていられるクライムサスペンスというのは、そうないですよ。

ちなみに、ちゃんと「銭形警部」も出てきますよ(笑)。

とにかく呆れるほど面白くて、しかも、トム・クルーズ級の大スター映画でもあるという本作を是非ともご覧ください!

 

f:id:mclean_chance:20170827234522j:image

 

恐怖映画はサービス精神がないとね。

ヴェルナー・ヘルツォーク『ノルフェラトゥ』

 

 f:id:mclean_chance:20170826232847j:image

 

F.W.ムルナウの同名タイトルの古典的名作のリメイク。

全編にわたってムルナウというか、サイレント映画へのオマージュが散りばめられていて、かなりの力作です(白黒で撮ったら、もっとよかったですね)。

クラウス・キンスキー扮するドラキュラ伯爵の手の動きの気持ち悪さが素晴らしいですね。

 

f:id:mclean_chance:20170826231445j:image

ホーカー夫妻ですね。

 

なんというか、大暴れとか大立ち回りを期待する方には本作は完全に期待外れですけども、コレを「ヘルツォーク映画」として見ると、彼が撮りたいことは、リメイクであろうとなんであろうと変わらず一貫していますね。

ヘルツォーク映画とは、

1. 森、密林、秘境好き
2. 狂人、怪人への偏愛
3. 未開社会への憧れ

にほとんど集約され、本作もすべて登場します。

1.は、ドラキュラ伯爵の居城ですし、2.は、ドラキュラ伯爵その人です。3.は、ロマが出てきます。

 

f:id:mclean_chance:20170826231713j:image

コレを吸血鬼。と表現しきったムルナウがスゴイ!

 

f:id:mclean_chance:20170826231944j:image

 コッチがムルナウのオリジナル。

 

で、西ドイツ期のヘルツォークで2.を重荷になってきたのが、クラウス・キンスキーなのですが、困ったことに、本作で一番インパクトあるのは、実は、ルーシー・ホーカー役のイザベル・アジャーニです。

サイレント映画の映像、動きを再現するために、アジャーニのメイクは、異様なまでに濃いです。

 

f:id:mclean_chance:20170826231610j:image

 濃い(笑)!そして、コワイ(笑)!!

 

f:id:mclean_chance:20170826232915j:image

このサイレント映画の表現を見事に再現したシーンはスゴいです。

 

 f:id:mclean_chance:20170826233205j:image

コレもうまいですねえ。鏡にアジャーニを写すという。

 

 

 しかも、あのハッキリとした顔立ちの美女で、カッと目を剥いて、コウモリに驚いたりするんですが、その顔のインパクトが本作で一番怖いです(笑)。

なものですから、キンスキーの懸命なキモ演技が、アジャーニの恐怖顔のインパクトで霞んでしまって、なんだか存在感がいつもの狂気絶好調キャラぶりがかなり減衰しているんです。

太陽を浴びても、キンスキーは、ウワーッといってひっくり返るだけという表現も、どんなもんでしょうか。

ペストという疫病の象徴としてドラキュラが描かれていて、そういう得体の知れないジワジワと迫ってくる恐怖がアジャーニによってすべて減衰してしまって、全体的にボンヤリしてしまっていて、もう、主演のブルーノ・ガンツがどうでもよくなってしまっている程です(左利きなんですね)。

 

 f:id:mclean_chance:20170826232739p:image

ドラキュラ伯爵とともにやって来たネズミを介してペストがロンドンで流行!

 

f:id:mclean_chance:20170826232802j:image

 

ヴァン・ヘルシング教授の活躍も全然ないんですよ。

この、結局、特に何か起こりそうで何も起きない感じって、70年代のヘルツォーク作品に一貫しているんで、コレは彼が狙った演出ではあるんですが、本作はそれがアジャーニのインパクトに全部持っていかれたのと、ムルナウへのオマージュが強すぎて、恐怖映画としてのサービス精神がかなり欠如してしまっているのが、ちょっと今ひとつな作品でした。

 

f:id:mclean_chance:20170826231905j:image

 

 

 

邦題に惑わされずに見てください! 傑作!!

サム・ペキンパー『Cross of Iron』

 

f:id:mclean_chance:20170826224103j:image

とにかく、ペキンパーを侮辱していると思えない邦題はやめてくれ!

 

邦題、ひどすぎ(笑)!スプラッター映画じゃないよ!

さて、西ドイツ、イギリスの資本で製作された本作は、ソ連ナチスドイツの凄絶な戦いを描いた大作ですが、主人公はジェイムズ・コバーン演じるロルフ・シュタイナー伍長(曹長に昇進します)という、とても優秀だが、とても扱いにくい(しかし、部下にとってはとても頼もしい)軍人です。

 

f:id:mclean_chance:20170826224448j:image

コバーンにとっても最高の役でしょう。

 

まさに、ペキンパーの分身です。

彼の小隊は、さしずめ、岡本喜八の名作『独立愚連隊』に出てくる小隊まんまであり、悪童たちの集まりですが、とても人間臭い集まりでして、これまたペキンパーの大好きな「荒くれども世界」ですね。

 

f:id:mclean_chance:20170826225750j:image

シュタイナーの「独立愚連隊」。

 

彼らはヒトラーナチスへの忠誠心もなく、己の意思を貫く集団です。

ご存知の通り、スターリングラードの戦いで大敗北したドイツ軍はソ連領内から追いやられていきます。

シュタイナーたちは、とても厳しい撤退戦を強いられている立場です。

アメリカの戦争映画で、こういう敗北する側を描くのは、当時はかなり異色ですし、現在でもアメリカはヴェトナム戦争映画を結構撮りながらも、敗退していく姿を具体的な映像にはしていません(厭戦感や狂気は多く描いてますが)。

その意味でも、本作がアメリカ映画の文脈では相当変わっている、しかも、ドイツ軍の事を敵役ではなく描くという意味でも、相当な異端といってよい。

異端児ペキンパーの面目躍如と言ったところでしょうね。

そのシュタイナーの部隊に、シュトランスキー大尉側を赴任してきました。

 

f:id:mclean_chance:20170826224645j:image

シュトランスキー。無能な軍人です。

 

大変イヤミで権威主義的な男で、まさに、シュタイナーと好対照なキャラクターです。

この対立がこのお話を推進していく基本エンジンです。

 

f:id:mclean_chance:20170826225605j:image

 

シュタイナーたちの部隊は、ソ連軍からの奇襲を受けてしまいます。

彼も奮戦しますが、負傷してそのまま病院に運ばれるのですが、どうも頭を強く打ったらようで、目が覚めても、幻覚が見えているようなんですね。

シュタイナーの見ている幻覚を、短いショットを積み重ねて表現するシーンは、大変見事で必見です。

 

f:id:mclean_chance:20170826224738j:image

シュタイナーの入院シーンは単なるバイオレンス監督ではない事を証明してます。

 

f:id:mclean_chance:20170826234407j:image

こういう優しい映像も撮れる人なのです!

 

この映画の原題でもある、「鉄十字」というのは、ドイツ帝国時代からの伝統の勲章で、シュタイナーはその勇敢な戦いぶり(というよりよりも、仕事ぶり。という言葉がピッタリなほど、冷静沈着です)によって、ナチスドイツからこの鉄十字勲章が与えられているんです。

つまり、この主人公の軍人としての誇りの結晶です。

 

f:id:mclean_chance:20170826224902j:image

これが鉄十字勲章。

 

プロイセン貴族の血を継いでいるシュトランスキーはこの鉄十字勲章が欲しくて(実は彼もナチスには全く興味がありません)、ワザワザ激戦である東部戦線を志願したんですね。

ですので、「はらわた」とは何の関係もないです!

シュタイナーは自宅に戻ってもよかったのですが、彼は自分の意思で東部戦線に戻っていくのですが。。というところで、あらすじはストップでございます。

ペキンパーお得意のスローモーションと短いショットのモンタージュを多用したバイオレンス(ココではソ連軍の容赦ない攻撃ですが)は相変わらずの切れ味ですが、私がそれ以上に驚いたのは、軍隊を描いているからというのもありますが、組織の中の腐敗などをうまく描いている点ですね。

 

f:id:mclean_chance:20170826225229j:image

f:id:mclean_chance:20170826225254j:image

f:id:mclean_chance:20170826225351j:image

戦争シーンの情け容赦なさはさすがです。

 

荒くれ者やならず者を主人公にした映画を撮っている監督ですので、むしろ、「男たちの友情」とかそういうものを描く事が中心だったペキンパーがそれは相変わらず中心に据えながらも、そこに官僚組織の不正が絡んでくる事で、ペキンパーの世界に奥行きが出てきているんですね。

 

f:id:mclean_chance:20170826225513j:image

シュタイナーに理解を示す上官たち。

 

ペキンパーの世界は、実はとても小さい世界を描いています。

その中の「コップの中の抗争」ともいうべきものを、トコトン描く事に長けている監督ですね。

本作もある勇敢な小隊長のお話という意味では小さいですけども、その背景には、ソ連軍との戦いという大きなお話があり、ドイツ軍という巨大な組織の中での出来事になっているんです。

そこにこのお話し後半の、まさにペキンパー的な凄絶さと悲愴美を嫌が応にも高めていきます。

あと、一応、ドイツ軍の視点で描いてはいますが、ペキンパーはドイツには、特に興味はないと思います(笑)。

そういう描写がかなり希薄ですが、それは本作のキズにはなっていません。

あと、女性への描写がかなりひどい監督ですが(笑)、それに対する彼なりの反論が描かれている点も注目ですね。

サミュエル・フラー『最前線物語』と双璧をなす、第二次世界対戦のヨーロッパの戦いを描いた傑作。

 

f:id:mclean_chance:20170826225640j:image