キアロスタミの名を世界的した傑作!

アッバス・キアロスタミ『友だちのいえはどこ?』

 


コレはホントにうまいなあ。と見ていて何度も唸りましたね。


タイトル通りの内容が展開していく、90分に満たない短い映画なんですけど、8歳の少年には、自分の住んでいる集落コケルから隣の集落のポシュテの友だちの家を見つけるというのは、コレほどまでの大冒険に見えるんだなあ。という事をホントに丁寧に愛情深く描くキアロスタミはホントに素晴らしいで

す。

 

f:id:mclean_chance:20190322134553j:image

ちょっとオドオドしている少年の成長を描きます。


ストーリーは、ホントにシンプルでモハマド少年が小学校の隣の席のアフマド=レザ・ネマツァデのノートを間違えて持って帰ってしまったんです。

 

f:id:mclean_chance:20190322134614j:image

アフマドと隣村に住んでいるネマツァデ。


アフマド=レザは、ちょっとボーっとした男の子で(8歳の男の子なんて、まあ、だいたいそんなもんですけど)、先生の言った通りに宿題をやってこない子で、先生に叱られているんです。


しかも、「今度、ノートにやってこないと退学にする」


と言われてしまうんです。

 

モハマドは、自分のせいでアフマド=レザが退学になってしまう!と責任を感じてしまって、ノートを届けてあげようと奮闘する。というのが、少年の「大冒険」が始まるんですけども、トリュフォーじゃありませんが、「大人は判ってくれない」が次から次へとモハマド襲いかかってきまして、オチを言ってしまうと、ノートを届ける事は出来なかったんですね。

 

f:id:mclean_chance:20190322134819j:image

全く同じノートなので、間違って友人の持ち帰ってしまったモハマド。


お母さんは、「宿題をサッサとやりなさい!」というだけで、子どもの事情を聞こうともしない。


おじいちゃんは、「子どもは、ゲンコをかましてでもしつけるのが大事なんじゃ!」と全く見当違いが事をして、タバコを持ってくるように言いつける(本作に出てくるおじいちゃんは、主人公の邪魔にしかなりません・笑)。


こういう一つ一つは、大人から見ると他愛のない出来事なんですけども、子どもから見ると、ホントに大変なんだよ!という事が実によくわかります。


基本的には、子供の視点で描かれている作品なのですが、実は、ほんの数分だけ、大人の視点で描いてあるシーンがあり、そこにキアロスタミの言いたい事が込められてますね。


それは、近所の家の軒先で寛いでいるモハマドのおじいちゃんが、「タバコを持ってこい!」と無理を言った後のシーンで、子供の視点ならば、ここで、モハマドをキャメラは追いかけるのですが、そうならず、モハマドのおじいちゃんともう一人のおじいちゃんの会話を追うんです。


そこで展開するのは、子どものしつけ論で、モハマドのおじいちゃんは、自分が父親からゲンコツでよく殴られた事で礼儀正しくなったかを説き、だから、モハマドも規律の大切さを知るために、必要もないのにタバコを取りに行かせるんだ。と結論づけます。


しかし、コレを聞いていたもう一人のおじいちゃんは、


「じゃあ、礼儀正しい子供はどうするんだ」


と。疑問を呈するんです。


ウッ、とモハマドのおじいちゃんは言葉に一瞬詰まりながら、こんな事を言い始めます。


「それならば、どこか問題があるところを粗探ししてでも、ゲンコツをかます理由を見つけなくてはならない。子供はお小遣いをもらった事が忘れてしまうが、ゲンコツは絶対に忘れない。子供をしつけるには、ゲンコツがなくてはならんのじゃ」


会話は、モハマドか戻ってきて立ち消えてしまうんですけども、本作での大人は、「子供というのは、規則をキチンと身につけることが大切であり、それが出来るようになるのが成長である」と基本的に考えていて、その極端さをこのおじいちゃんに代表させているんですね。


しかし、本作最後まで見ていくと、この考え方に対する、キアロスタミの反論を、モハマド少年を通して行っていますね。


それは、「多少失敗をしても、子供が自分なりに一生懸命考え、行動していく事こそが、本当の成長なのではないのか」と。


とはいえ、キアロスタミは、大人を一方的に糾弾したりはしてません。


大人たちが自分たちの事ばかり考えて、子供などお構いなしになっている事の根底に、イランの地方に蔓延している貧しさがあり、子供たちにそのしわ寄せがきている事を、さりげなく描いています。


モハマド少年の奮闘シーンは、実際に見ていただくのが一番だと思いますけども、こんなシンプルなお話を全く飽きさせない巧みな脚本(冒頭シーンから使われる、ドアの伏線の巧みさ)、現地の住民と思われる素人の巧みな配置など、そんなに凝った映像ではないのに、その背後には大変な工夫が込められています。

 

f:id:mclean_chance:20190322135047j:image

ネマツァデなんて知らんのう。


イランは、とかく、国際政治的文脈では、「悪の枢軸」として見られてしまうのですが(あくまでもアメリカから見たらなのですが)、実はごくごく普通の人々が同じような、悩みや問題を抱えながら生きている事を、子供のとても小さな事件から見せていく、キアロスタミは、やはり、優れた作家と言えるでしょうね。

 

f:id:mclean_chance:20190322135022j:image

 

B級感覚が戻ってきたイーストウッドの痛快作。

クリント・イーストウッド『運び屋』

 

※公開直後ですので、写真はナシです。

 


現在、88歳のイーストウッドが久しぶりに自作の主演に復帰して撮ったのは、90歳の麻薬の運び屋。をモデルとした作品。

 


イーストウッドは、昔から大学教授や写真家という、どう見てもそんな職業やってそうもない役を演じる事がしばしばあるんですけども、今回も、園芸家。という、あり得ないような役なのでした(まあ、今回は実際に逮捕された園芸家なのですが)。

 


まあ、オチはもうわかった上でのお話ですし、最近のイーストウッドは、そういう作品ばかり撮ってますけど、最近はそこに昔のB級感覚が戻ってきていて、大変うれしいです。

 


中西部イリノイ州の田舎町で家族そっちのけで1日しか咲かない「デイリリー」というユリを育て、とても高い評価を受けているイーストウッドは、妻や娘からも愛想を尽かされているのですが、インターネット通販におされてなのか、自宅と農園が差押えられてしまいました。

 


そんな彼にメキシコ系の若者が声をかけるんですね。

 


「クルマを運転するだけでカネが儲かる仕事があるからやってみないか?」

 


何の事かわからないイーストウッドは、教えてもらった場所に行くんですけども、そこはマシンガンなどで武装したマッチョなメキシコ系のおにいさん達がいるんですね。

 


「コレを言われた場所に運んでくれ。中身は見るなよ」

 


明らかにヤバいブツの運び屋をやらされるのは誰にでもわかりますが、朝鮮戦争の従軍経験者でもある彼は(なぜか、イーストウッドの自作自演作には、朝鮮戦争従軍経験者が多いんですよね)、そんなものは意に介さずに「ああ、わかったよ」と返事をして、テクサス州からシカゴまでブツを運ぶんですね。

 


運び終わると、クルマに信じられない大金が。

 


ここから、イーストウッドは、差押えられた自宅を取り戻したり、退役軍人会の施設を守るためなどのために、運び屋をやりつづける事になるんです。

 


運んでいるブツに最初は無関心でしたけども、つい気になって中を見てしまい、自分がとんでもない量のメキシコからやって来たコカインを運んでいる事を知ってしまいます。

 


しかし、その事実を知っても、あまりにも呆気なく大金が入ってくるので、やめられなくなってしまいました。

 


DEA(麻薬取締局)は、メキシコの麻薬カルテルがシカゴに大量のコカインを流がしている事は掴んでいたのですが、その肝心の人物が全く特定できずにいたんですね。

 


と、ここまで書いていると、なんだかクライムサスペンス感が満点なのかと思いますが、運んでいるのは、90歳のジイさんが安全運転で、カントリーを聴きながら、途中でハンバーガー食ったりの寄り道しながらなので(要するに、言われた通りのルートで走ってないんですね)、ほとんどスリルがありません。

 


時々、保安官に「何を運んでるんです?」と、職質されるシーンなんかはあるんですけども、まさか、こんなおじいちゃんが200kgを超えるコカインを運んでいるとは誰も思いませんので、ちゃんと調べられないんです。

 


DEAも、運んでいるのはメキシコ系であると思い込んでいて、容疑者像からイーストウッドが完全に漏れてしまっているんですね。

 


また、本作の嬉しいところは、イーストウッドがほとんど、ハリー・キャラバンを思わせる、口の悪いキャラを演じていて、メキシコの麻薬カルテルの連中がかなり霞んでしまう事でして、カルテルのボスを演じる、アンディ・ガルシアは、クレイ射撃が大好きなただのデブのおっさんでしかないんですね。

 


ちなみに、イーストウッドの娘役は、実の長女が演じていて、子供の頃、女優のサンドラ・ロックと同棲生活をしていて、家庭を一切顧みなかった事実と、完全に重なります。

 


それにしてもこの映画、共和党支持者として有名で、トランプ支持を早くから表明しているイーストウッメキシコからやってきた麻薬は、ヒスパニックやチカーノが持ってきているのではなくて、そのウラをかいた白人の老人がとんでもない量の麻薬を運び続けていた事実を、恐らくはイーストウッド流に大胆に改変して作られたというのは、誠に痛快ではないですか。

 

トランプさん。アメリカをドライブしてみなよ。アンタが思っているほど、アメリカは簡単じゃないですよ。と言っているフシがあります。

 


本年のアカデミー作品賞を取った『グリーンブック』もとても良かったんですけども、私には、こっちの方がより好感を持ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々のウディ・アレン監督、主演!!

ウディ・アレンウディ・アレンの6つの危ない物語』


あらかじめ断っておきますが、本作は映画ではなく、アマゾンプライムでしか見ることのできないドラマでして、一本が大体25分くらいで、タイトル通り6作からなります。


久しぶりにウディ・アレンが主演を務め、相変わらず、神経症ぎみの二流作家を演じております。

 

f:id:mclean_chance:20190216180007j:image

ジェームズ・ディーンの髪型に近づけてくれ」とムチャを言うシド。


しかし、本作の面白いところは、なんと、ヴェトナム戦争真っ盛りの1960年代後半が舞台の映画なんですね。


ウディ・アレンは、1920-30年代、もしくは現代を舞台に映画を撮ることが多いので、コレはかなり驚きました。


2019年現在、83歳となってからこういう事をしだすとは、相変わらず若いとも言えますが、映画の調子は、相変わらずのウディ・アレン主演モノではあります。


話しのスジはといいますと、二流作家のシドと結婚カウンセラーのケイの老夫婦の住んでいる、ニューヨークの郊外に、ケイの姪であるレニーが早朝にやってくるんですね。

 

f:id:mclean_chance:20190216175716j:image

ごくごく平凡な生活をしている、シドとケイ。


その姪は、なんと、学生運動極左集団に所属していて、FBIに追われているんです。

 

f:id:mclean_chance:20190216175803j:image

極左集団のメンバーとして指名手配されているレニー。


シドは「早く警察に突きだせ!」と騒ぐのですが、ケイは可愛い姪なので、しばらく匿ってやることにします。


パゾリーニは、『テオレマ』で、金持ちの家にやってきた謎の美青年が一家を破壊していくという怪作を撮ってますけど、ウディ・アレンは、そういう事にはならず、ケイの主催する読書会で『毛沢東語録』を読んだり、ニューヨーク大学の大学院に通っていて、婚約者までいる下宿人のアランがマリファナでハイになりながらカストロの本を読んだら感動した。みたいな事が起きて、だんだんと平穏な家族が不穏になってくるんですね(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20190216175918j:image

二人の意見はことごとく食い違う。

 

f:id:mclean_chance:20190216180126j:image

レニーの思想に心酔して爆弾製造までエスカレートするアレン。

 

f:id:mclean_chance:20190216180223j:image

カフカを読んでいた読書会が毛沢東語録マルクスを読むように(笑)。

 

更にウディ・アレン作品では珍しい、アクションシーンも見ることができます。

 

f:id:mclean_chance:20190216180207j:image

 

第6話にはそのてんやわんやがピークに達して大爆発するのでお楽しみに。


登場人物の少ない作品なのですが、最終話はべらぼうに増えるんです(笑)。


当時の学生運動を揶揄しつつも「小さい革命」は老後の健康にはいいのではないか?という、アレンらしいシニカルな視点が楽しい作品。


彼の作品には珍しく、モダンジャズがサントラに使われてまして、ジミー・ジュフリー3の「トプシー」がとても効果的に使われてますけども、私が気に入ったのは、ビル・エヴァンス・トリオ「ワルツ・フォー・デビィ」がチラッとだけ使われるシーンですね。

 

f:id:mclean_chance:20190216180346j:image

まさか、アレンの頑張りに刺激されて、イーストウッドは監督、主演を復活させたとかじゃないすよね(笑)。

 

ノーザン・ソウルを知らなくても充分楽しめる青春映画の逸品!

エレイン・コンスタンティンノーザン・ソウル

 

f:id:mclean_chance:20190215145037j:image

鬱屈したイングランドの街。


面白かった!


最高でした!


ソウルへの愛に満ちた傑作!!


1970年代の、財政が慢性的に悪化して経済が停滞しまくっていたイギリスのドンヨリした感じがホントに素晴らしかった。


高校をドロップアウトして、ソウルミュージックにドップリと入れ込んでいく男の子たちのお話なんですけども、この、「ノーザン・ソウル」という、あんまり知られていない世界を扱っているのが、この監督の素晴らしさですよね。

 

f:id:mclean_chance:20190215145133j:image

 

f:id:mclean_chance:20190215145124j:image


扱っている音楽があまりにもマニアックだったので、映画を作るためのお金を集めるのがまず大変だったそうで、作ったら作ったで、単館で短い期間しか上映できなかったんだそうですけど、それを覆してお客さんがものすごく来てしまい、あっという間に上映館が増えていって、大ヒットとしまいました。


ちなみに、2014年のイギリス映画でございまして、日本での上映は、なんと、2019年になってようやくなのです。

 


しかも、上映館が少なすぎ!


さて。


この問題の「ノーザン・ソウル」なのですが、実は、アメリカの北部の方のソウルとかそういう意味ではないのでした。


ロンドンのレコード店で、サッカーを見にやってくるイングランド北部の人たちが、ヒットチャートなど目もくれず、黙々と聴いたこともないような60年代から70年代初頭のソウルのシングル盤ばかりを買いあさっていたんだそうです。


そのレコード店で、そういうレコードの事を「ノーザン・ソウル」と呼んでいて、それが一般的な呼称になっていったんだそうです。


ですので、ミュージシャンはほぼ無名であり、むしろ、有名である事を拒否すらしている、独特のカルチャーだったんだそうです。


そういうレコードを夜通し流して踊りまくる(時には、ドラックが結びついていました)という、北部イングランドのユースカルチャーなんです。


聴いた感じは、モータウンっぽい(60年代はモータウン全盛期です)、洗練度の低い、ちょっとB級なソウルなんですけども、そういう中にキラッと光る隠れ名曲があって、ノーザン・ソウルのDJは、そういうのを見つけると、ワザとシールを貼って、曲をわからないようにして、流していたんです。

 

f:id:mclean_chance:20190216132936j:image

停滞しきったイギリス経済の中でフラストレーションを発散するには、コレしかなかったのでしょう。

 

劇中で名前の知ってるミュージシャンは、フランキー・ヴァリマーヴィン・ゲイだけでした(笑)。


そういう狭くて、かなりディープな世界を描いているものの、映画はそういうマニアックな知識は一切なくても、大変面白く、非常に優れて青春映画でありまして、でなければ、イギリスで大ヒットするはずもなく。

 

特に有名な役者は出てきませんが、イギリスの役者は基本的にみんな上手いですよね。基本ができているというか。


サントラが欲しくなりました。

 

f:id:mclean_chance:20190216132827j:image

公開したばかりなので、写真少なめです。

 

 

 

 

 

 

山中貞雄と並ぶ夭折が惜しまれる監督の傑作にして遺作!

ジャン・ヴィゴアタラント号

 

f:id:mclean_chance:20190101161841j:image

奇しくも山中貞雄と同じ年齢で亡くなっている、ジャン・ヴィゴ


長編映画をたったの1本だけ遺して、わずか29 歳の若さで亡くなったジャン・ヴィゴの傑作。


2017年に娘のリュス・ヴィゴらの協力によって4K修復が行われ、それを見ることのできる幸福ですね。

 

ヴィゴも喜んでいるのではないでしょうか。


1934年の映画ですので、サイレントからトーキーへの移行期ですから、ところどころサイレント映画的な手法が出てきたり、今の編集だと場面のつながり方が不自然に感じるところがあるにも関わらず、本作は未だに魅力的な作品ですね。

 

f:id:mclean_chance:20190101162816j:image

アタラント号


スタジオ撮影がまだ普通だった時代に、ロケーション撮影を大胆に導入し、カメラは自在に動き回り、時にものすごいローアングル、俯瞰撮影などの斬新な手法の導入(飛行機からの撮影すら行なっています)。

 

f:id:mclean_chance:20190101162609j:image

基本が屋外撮影というのは、当時はとても珍しかったんです。

 

f:id:mclean_chance:20190101163030j:image

ななんと、飛行機(多分、セスナ機でしょう)から撮影してます!

 

そして。遂には劇映画では初めてと思われる水中撮影!

 

f:id:mclean_chance:20190101162856j:image

カメラをガラスの箱に入れて撮影したそうです。スコリモフスキ『早春』はコレをやったのかな?

 

荒削りではあるものの、次々と大胆なアイディアに果敢に挑戦する様は、まさにヌーヴェルヴァーグの先駆をなすものです。


実際、トリュフォーはこの映画を熱狂的なファンだったようです(彼が当時見たのは、映画会社が勝手に編集して短縮した版と思います)。

 

本作の筋書きはものすごくシンプルですが、本作の魅力は、輸送船アタラント号の水夫、ジュールを演じる、ミシェル・シモンの怪演と、アタラント号に住みついていて、絶妙なタイミングで登場人物たちに絡んでくるネコちゃんたちです。

 

f:id:mclean_chance:20190101163200j:image

ミシェル・シモンのキャラ造形と彼のガラクタだらけの部屋はクストリッツァにすごく影響を与えているような気がします。


野性爆弾のくっきーのような風貌で、喋り方が殿山泰司(フランス語で話しているのに、だんだん日本語みたいに聞こえてきます)としか思えない、かなりアクの強いキャラでして(笑)、ストーリーの中心を動かしているアタラント号の船長とその夫婦の結婚と家出(というか、船出?)と出戻りは、実はそんなに面白くなくて、本筋ではかミシェル・シモンがとにかく面白いんです。

 

奥さんが出て行ってからの船長の奇行はなかなかの見どころですけどね(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20190101163340j:image

一応、アタラント号船長と奥さんの話しではあります。船長が後のマーロン・ブランドーを彷彿とさせます。

 

まあ、とにかくこの愛嬌満点の演技は、フランス映画の至宝レベルでして、彼の名演で本作の価値のかなりの部分が決まってしまっていると言っても過言ではありません。

 

f:id:mclean_chance:20190101163135j:image

とにかく、ネコちゃんがかわいい!


しかし、それを演出しているのはヴィゴなのですから、29歳でこれだけの演出ができていた彼がその後も生き続けたら、どれほど素晴らしい映画を撮ったのだろう!と思えてなりませんが。。


今見ても余りにも瑞々しい感性に満ち満ちた作品。

 

f:id:mclean_chance:20190101163823j:image

 

フリードキン監督の傑作がようやく完全版で見ることができました!

ウィリアム・フリードキン『恐怖の報酬 完全版』

 


いやー、大感激しました!


本年見た映画でコレがでベスト。


コレまで、監督の意図された形での上映はなかったので、新作とみなします。


ニトログリセリンの爆風を使って、油井で発生した火災(反政府テロの犯行に変わってます)を収束させるためにトラックでニトロを運ぶ。という、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーのオリジナルのプロットこそありますが、もう全く別物の作品になっていて(原題もSorcerer になってます。なんと、マイルス・デイヴィスソーサラー』から取られたのだそうです)、リメイク。などという、安易なものではありません。

 

f:id:mclean_chance:20181224164212j:image

反政府テロリストの攻撃で爆発してしまう油井!

 


なので、本作の邦題は、間違ってはいませんが、全く違うタイトルにしてもよかった気はします。


イヴ・モンタン主演のオリジナルも大変な傑作で、前半の吹き溜まりのような南米の街のウダウダ、ダラダラとした描写が今見るとちょっと冗長とはいえ、ニトログリセリンを運ぶ展開に映ったらもう無類に面白いので、是非とご覧いただきたいのですけど、オリジナルの持っているドライで突き放した感じの演出に対して、フリードキン版は、圧倒的にドロドロで凄絶、そして、フリードキンならではの非情で骨太さが漲っており、1970年代の、テロが横行する世相をうまく取り込んだ作品に変貌していて、それでいながら120分にスッキリと言いたいことを絞り込んでいるところが見事なんですよね。


見終わると、もっと長い映画を見ていたんではないの?というくらい濃密で、心底驚きます。

 

f:id:mclean_chance:20181224164331j:image

マフィアのボスの弟を撃ってしまった嫌疑をかけらてしまうロイ・シャイダー


冗漫で長く感じるんのではなく、中身が濃すぎて長く感じるんですね。


面白いのは、ドライバーとなる4人が、どうして南米の奥地にまで来ざるをえなかったのか。が、最初に展開するんですけど、1人は殺し屋、1人は反PLOのテロリスト、1人はパリの銀行家、そして、最後がアメリカのアイリッシュ・ギャングです。


みな、それぞれに犯罪や嫌疑のために本国にいられなくなり、国籍も名前も偽り、とんでもない場所に潜伏せざるを得なくなるんですね。


その冒頭がもうものすごいんです。


それぞれがもう映画一本になってるんじゃないの?というくらいにシビれるほどカッコいいんです!


もう、スッカリ、フリードキンの演出にハマってしまうんですね。


そこから、南米のジャンルの中にある、油井の近くにできた町の落差!


なんて小汚い(笑)!

 

f:id:mclean_chance:20181224164529p:image

刑務所以下(笑)。

 

とにかく、ドロ沼の中にある感じで、住民も最下層なんてものではない。

 

f:id:mclean_chance:20181224165142j:image

事故と石油会社の無策に怒り狂う住民!

遺体は黒焦げ!

 

ちょっとやり過ぎ感はないではないです。。


ロイ・シャイダーが一応、オリジナルのイヴ・モンタンになるんだと思いますが、こういうどうしようもない境遇に追い込まれた感じがホントに出てますね。


さすが、アメリカの川谷拓三。


ジョーズ』よりも更に素晴らしい!


ここから、4人がトラックに乗ってニトログリセリンを運ぶという、メインになっていくんですが、まあココは一切何も言えません(笑)。


まあ、ホントにコワイ。


こんな所に舗装された道なんてあるわけがなく、とにかくハラハラ、ドキドキの連続なのでございます!

 

 

f:id:mclean_chance:20181224164629j:image

ひゃー!コワイ!!

 


熱帯雨林特有の滝のような雨がドライバーたちをトコトン苦しめ、人間が入ってはいけない、完全なるアウェイを進む自分たちでなんとか動くように修理したトラックが、まるで不気味な巨体生物のように見えてきます。

 

f:id:mclean_chance:20181224164716j:image

ジャジャーン!


驚いたのは、ラストシーンにチャーリー・パーカーの晩年の名作『Charlie Parker with Strings』の『l’ll Remember April』がちょっと流れまして(全体の音楽はタンジェリン・ドリームが担当してます)、コレが絶品なんですよ。チャーリー・パーカーをサントラに使ったのは、イーストウッド『バード』を別とすれば、たしか、ルイ・マルの作品にあったくらいだと思いますが、コレはとても珍しい。

 

f:id:mclean_chance:20181225010248j:image

超天才アルトサックス奏者、チャーリー・パーカー


フレンチ・コネクション』の、あの、ナタでドカンと切ったような編集、そして、具体的な物量と無茶な動きで作り出されるダイナミックなアクションは、昨今のCGを駆使した映像では絶対に味わえないゴツさであり、フリードキンのフィルモグラフィーのベスト3に間違いなく入る、それはすなわち、映画史に残る傑作である事が間違いない作品です。

 

 

 

 

スコリモフスキの青春残酷物語!

イェジー・スコリモフスキ『早春』


流浪の監督、スコリモフスキの過去の作品はまだ日本では見ることができないものが多いですが、1970年公開の本作もようやくDVD化しました。


主人公の男の子は、『ルートウィヒ』の、普墺戦争に参戦した事が原因で精神疾患になってしまう、オットー親王役だった、ジョン・モルダー・ブラウンですね。

 

f:id:mclean_chance:20181218215340j:image

このマイク役で注目されました。


『ルートウィヒ』ご覧になったら分かると思いますけど、この俳優さん、ホントに繊細な美少年なんですよね。


そんな彼が演じるマイク少年は、個室の銭湯(そういうのがイギリスにあるんですね。この辺はよくわからないです)みたいな所で働くことになりました。

 

f:id:mclean_chance:20181218215539j:image

ちょっとフェリーニっぽいシーンですね。


しかし、そこに勤めている歳上のちょっとツンデレなお姉さんのスー(『ルパン三世』第1作の峰不二子っぽいですね)にイジワルをされるんですね。

 

f:id:mclean_chance:20181218215709j:image

スーを演じるジェーン・アシャーの小悪魔的な魅力が横溢しております!


そういうお姉さんにジワジワといじめらる映画なんですよ、コレは(笑)。


スコリモフスキは、現在も現役で映画を撮り続けていますが、彼の作風はホントに謎というか、難解なアート作品みたいなのは皆無で、常にものすごく具体的な事を映画にしているはずなんですけども、作風が全く見えてこない(笑)。


しかも、老成もしないで、ひたすらアグレッシブな作品ばかり作るんですよ、未だに。


強いて言えば、あんまり人が思いつかないようなシチュエーションとかを設定して撮るのが好きな人なのかな?とは思いますね。


『シャウト』は、ホントに誰とも似てないし、誰にも影響を与えようがないほどに独特すぎる映画です。

 

本作はそこまでエクセントリックではなく、彼のフィルモグラフィでは相当万人向けな青春映画で、長い労働党政権時代の、気だるい停滞感がなんとなく当時の東欧の停滞感とも呼応しているような感じで、チェコスロヴァキア映画なのかな?と一瞬思ってしまったりもします(ちょっと『ひなぎく』っぽい色使いです)。

 

f:id:mclean_chance:20181218220155j:image


しかし、小悪魔なおねえさん(実は婚約者がいます)にイジワルされる。つまり、林家こぶ平がヒロミと所ジョージにいじられまくって「なんだよ~やめろよ~」というあの懐かしのシチュエーションと言いいますか(笑)、それがホントにうまく撮れているんですね。

 

f:id:mclean_chance:20181218220217j:imagef:id:mclean_chance:20181218220225j:image


ホントになんでも出来る監督というのか、このトリュフォーアントワーヌ・ドワネルものっぽさのありながら、英国独特の毒々しさがあって、撮っているスコリモフスキはポーランド人という、もうなんだかわからないインターナショナルなのか何なのかすら判然としないところが面白いですね。

 

ロンドンが舞台なのに、資本はアメリカから出てますし(笑)。


非常に優れたロケーション、撮影、スコリモフスキ演出のみずみずしさ、どれを取っても一級品であり、青春の残酷さを見事に切り取った傑作だと思います。

 

f:id:mclean_chance:20181218221649j:image

アシャーは一時期、ポール・マカートニーの恋人でした。キーッ。

 

f:id:mclean_chance:20181218221113j:image


トリュフォーとかマルの初期の作品にあった鮮烈さが、このポーランド人の監督によって見事に蘇った感があります。

 

f:id:mclean_chance:20181218221133j:image


もっとスコリモフスキの映画を気軽にみることができるようになればいいなあ。とつくづく思いました。必見。

 

f:id:mclean_chance:20181218221149j:image