タランティーノ流ハリウッド、ひいてはアメリカ史への鎮魂作品。しかも多幸感満点!

クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 

 

f:id:mclean_chance:20190908182742j:image

ディカプリオとブラピが冴えないハリウッド人を演じます。

 

 


面白かったですねえ。

 


またしても3時間近い大作ですが、今回は『デス・プルーフ』のような二部構成になっていて、第1部が伏線で第2部が「シャロン・テイト事件」の顛末となっており、それぞれの一日(正確には3日間)を非常に丹念に描いています。

 


まず驚くのは、全編を横溢する、多幸感ですね。

 

 

f:id:mclean_chance:20190908183806j:image

 

f:id:mclean_chance:20190911185750j:image


1969年というと、ヴェトナム戦争が泥沼化し、ロサンジェレスやサンフランシスコなどの西海岸はヒッピーだらけみたいな陰鬱な描き方がこれまでは多かったと思いますけども、タランティーノは、タイトル通りの「古きよきハリウッド」の甘い物語として描いています。

 


その多幸感の象徴するのが、シャロン・テイトなんですよ。

 

f:id:mclean_chance:20190908182603j:image

f:id:mclean_chance:20190908182559j:image

マーゴッド・ロビーの素晴らしさ!

 


彼女を演じるマーゴット・ロビーが見事に演じきりましたね。

 


登場シーンはそれほど多くないんですけども、ホントに印象に残りますね。

 


アカデミー助演女優賞取れるかもしれません。

 


タランティーノはカンヌでパルムドールを受賞してますので、オスカーが取りにくくなってますけども(コッポラはどちらも獲ってますが、アカデミー作品賞が先ですし、1970年代で、アンチ・ハリウッドが元気だった頃ですから、ちょっと特殊です)、コレは助演女優賞いけるかもしれません。

 


作品賞、監督賞はノミネートされるかな?どうかな?というところでしょうか。

 


この時代を描いた映画は、1970年代にオルトマンやチミノなどありますけども、時代が近すぎてどうしても苦い味わいになってしまいます。

 


それは、別に悪い事でもダメな事でもないんですけど。

 


この時代でしか出せない苦味が画面にちゃんと焼き付いていて、それが時代の証言となってます。

 


タランティーノは、この時代のもつ苦味をようやく甘い思い出に昇華したんですね。

 


それはヴェトナム戦争という苦悩への1つの供養なのだと思いますし、コレだけ時間がかかったんですね。

 


コレは奇しくも2019年現在放映中のNHK大河ドラマ『いだてん』にも言える事かもしれません(本作を2020年の東京オリンピックのプロバガンダと見るのは誤りです)。

 


マクインやイーストウッドのように、テレビドラマからハリウッドスターになれず、映画で悪役ばかり引き受けて、低迷している俳優をディカプリオ、彼の専属スタントマンをブラピが演じ(実際、ハリウッドにはそういう人がいるんだそうです)、この2人が映画を駆動させているんですけども、オルトマン作品のように、中心からはズレたところにいます。

 

 

f:id:mclean_chance:20190908182844j:image

イタリア映画に出演しないか?と話を持ちかける、アル・パチーノ演じるプロデューサー。

 


何しろ、やや落ち目の役者とその専属スタントマンですかね。

 


シャロン・テイトはまるで天使のようにお話しの中で空を舞っているような存在でそこにブルース・リーも絡んでくるんですね。

 

リーのシーンに遺族がクレームをつけているんですけども、当時のハリウッドでアジア人が生きていくには、相当大変な事だと思うので、あれくらいビックマウスだったのではないかなあ。

 

f:id:mclean_chance:20190908184059j:image

 

 

ビックマウスを叩くだけの実力が実際にありましたし。

 

さて。

 

やはり、本作はこのことに触れざるを得ませんね。マンソンです。

 

f:id:mclean_chance:20190908183542p:image

劇中のチャールズ・マンソン。実際のマンソンは、獄中で2017年に亡くなりました。

 

 

1960年代アメリカの暗部であり、日本で言えば、オウム真理教による一連の事件とも対比できるような、チャールズ・マンソンとその信奉者、すなわち、マンソンズ・ファミリーによる、1969年に起こった、シャロン・テイトの惨殺事件(これは史実ですから、ネタバレではありません)は、ある程度は知っておいた方が本作は楽しめます。

 

f:id:mclean_chance:20190908183820j:image

マンソンズ・ファミリーをハリウッド映画で描いたのはコレが初めてでしょう。

 


手法としては既に『イングロリアス・バスターズ』で行われてはいますけども、シャロン・テイトへの供養という意味で、本作の持つ意味はより深いものがあります。

 


ロマン・ポランスキ監督(当然ながら本作に登場します)も本作を見て喜んでくれているのでは。

 


タランティーノ作品はある意味、何らかのオマージュだと思うのですけども、本作はそれが彼の個人史とアメリカの歴史の接合と昇華という形に深化した作品であると思いました。

 


また、それほどヤマがあるわけでもないにもかかわらず、3時間近い長さをシンドく感じさせない作りも、作家としての成熟を感じられます。

 


是非、映画館でご確認を。

 

f:id:mclean_chance:20190908184112j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの凄さがわかるドキュメンタリーでした!

フレデリック・ワイズマン『ニューヨーク公共図書館』

 

 

f:id:mclean_chance:20190901223552j:image

図書館は市の予算と寄付によって成り立っています。


3時間半近い大作ドキュメンタリーだが、全く飽きなかった。

 


内容はタイトル通りで、ニューヨーク市公共図書館はどういうものなのかを淡々と見せるだけなのだが、それがとにかく素晴らしかった。

 


この図書館は、私たちのイメージする図書館では最早ないんですよ。

 


就職活動、作家やミュージシャンを招いてのイベント、就職に必要なスキルを身につけるための無料のセミナー、演奏会などなど、生活していくために必要な事の多くが揃っています。

 


司書のレベルが桁違いにすごく、恐らくは研究者ですね。

 


大学にポストがない事が多いですから、図書館司書として働きながら、研究を続ける事ができますし、そもそも、この図書館は研究するための施設として、ものすごく充実しています。

 

目の不自由な人たちのために、小説を朗読で聞けるソフトも貸し出しているのですが、その朗読を、ブロードウェイに出演しているような役者に読んでもらっているのは、驚きです。

 

イベントに呼ばれる人たちもパティ・スミスエルヴィス・コステロなど、ものすごい人たちです。

 


また、運営陣の様子もしっかりと見せていて、コレがまたものすごく優秀な人たちなのに驚きます。

 


ワイズマン監督は、巨大な文化施設を隅から隅までトコトン見せる事に集中し、インタビューとかナレーション、サントラも字幕もつける事はありません。

 

図書館の人の役職も名前も説明しませんし、コステロも無名の人もおんなじ扱いです。徹底してますね。

 


途中でインターバルはあるものの、コレだけの長さがあるにもかかわらず、ダレるところが全くなく、最後まで興味深く見せてしまう編集の冴えには心底驚きました。

 


また、カメラに映る人々がほとんど映っている事を意識してない事に驚きますね。

 


ワイズマンは今年で89歳になる第ベテランですが、この余りにも自然に撮れている映像に、全くもって脱帽してしまいますね。

 

f:id:mclean_chance:20190901223652j:image

数多くのドキュメンタリー作品を作り上げたフレデリック・ワイズマン監督。

 


この作品の原題は「Ex Libris」、直訳すると、from book、本から。という意味ですけども、本というものから人々の人生がどのように展開していくのかをワイズマン監督し見せたかったのでしょう。

 


そのために、徹底してこの素晴らしい図書館の実践を撮ったと。

 


コレは、逆に言えば、本を大切にしないという事は、人間を大切にしていないのと同じ事なのですよ。ということを言っているんですね。

 


私は、この図書館がある事がアメリカの真の強さなよだなあ。と思いました。

 

f:id:mclean_chance:20190901223743j:image

 

 

 

 

娯楽映画は90分で充分!

三隅研次『剣鬼』

 

 

f:id:mclean_chance:20190814220939p:image

大映はタイトルカットがいつもカッコいいですよね。

 

 


剣三部作の第3作目にして、最高傑作。

 


三隅研次大映を代表する職人監督ですが、その彼の代表作は何か?と問われたら、本作を含めた剣三部作を挙げない人はいないでしょう。

 


『斬る』(1962)『剣』(1964)『剣鬼』(1965)は、続きモノでもなく、第2作目は原作が三島由紀夫(!)の現代劇ですから(他は柴田錬三郎)、時代すら一貫性がないのですが、主演が市川雷蔵であり、その主人公が剣に魅せられ、それが故に身を滅ぼしていくという、デカダンスの話しである事に共通点がある事から、三部作と言ってよいと思います。

 


三部作の主人公はそれぞれに剣の道を行くんですけども、その立場が一番特異なのが本作です。

 


最初の5分ほどで、雷蔵演じる主人公の生い立ちが展開しますが、精神に問題のある藩主の正室に最期まで使えた女性が雷蔵の母なのですが、父親が最後まで不明です。

 


この藩主の正室が遺言とした事が、この侍女の身分を保証する事と、愛犬を大切に育てる事でした。

 


雷蔵の母は雷蔵を産むとほどなく亡くなってしまいます。

 

 

 

この父親の不明の子供を闇から闇へ葬る事も可能ですが、現在の藩主の母親が大切としていた侍女の子ですから、藩の下級武士(登城が許されません)の子供として育てられます。

 


しかし、この侍女と犬がほぼ同時に亡くなった事から、犬と侍女の間にできた子供ではないのか?という揶揄が広まり、雷蔵は「犬っ子」と蔑まれながら、信州の小藩で生きていく事になります。

 


それから一挙に23年が経過しまして(この辺のザックリ感が素晴らしいです)、雷蔵は蔑まれながらも、造園家としての才能を買われて、登城を許されました。

 

f:id:mclean_chance:20190814221311j:image

「犬っ子」と揶揄されながらも、造園家としての才能を発揮する雷蔵


この頃、代替わりした藩主は、その母と同じく、精神に疾患があり、突然、馬に乗って早駆けするという、奇妙な習慣がありました。

 

f:id:mclean_chance:20190814221412j:image

狂気の君主。


雷蔵は生来、恐ろしい健脚で、この突然の藩主の早駆けを、なんと、走って追いかけていき、馬をなだめる事が出来たんです。

 


この事があり、雷蔵は藩主のお気に入りになり、出世する事が出来ました。

 


しかし、この雷蔵の才能に目をつけてたのが、有望株の家臣を演じる佐藤慶です。

 

f:id:mclean_chance:20190814221456j:image

家老の一番の懐刀を演じる佐藤慶


佐藤慶は、こういう絶妙な立場の悪役を演じされたら天下一品の役者でしたねえ。

 


彼は、精神疾患の藩主の存在が公儀隠密の調べによって、幕府の知るところのなっては、この小藩が取り潰されてしまう。と、家老と危惧を共有していたんですね。

 


この佐藤慶が、藩内に潜入する隠密を暗殺する仕事を雷蔵に依頼するんです。

 


えっ、造園家に?という事なんですが、実はこの前に諸国を遍歴しているという浪人の居合術雷蔵は魅せられ、彼に弟子入りしていたんです。

 


しかし、その修行がとても変わっていて、「剣術と居合術は違う。居合術とは要は刀を出して、相手を斬って、刀を収める事のみ。居合術を教える事など出来ないが、私の動きを見ていなさい」と言って、ただ、その居合術を見せるだけなんです。

 


で、雷蔵はその動きを見て「わかりました」と言うんですよ(笑)。

 


その間がものすごく短くて、ホントかよ!と突っ込みを入れたくなりますが、そういう所が呆気ないほどにオミットされている所がこの映画の大胆で面白いところです。

 

f:id:mclean_chance:20190814221619j:image

居合の達人となる雷蔵は藩の密命を受ける暗殺者となっていく。


で、そんな折に暗殺指令を受けるようになり、なんだかいつの間にか、暗殺稼業に雷蔵はへんぼうしていき、「犬っ子」という揶揄がいつしか、ホントの藩政を守るための「番犬」になってしまっていくんです。

 


ここで、雷蔵は造園家から、タイトル通りの剣鬼に変貌していくんです。

 

f:id:mclean_chance:20190814221603j:image

剣の魔力に取り憑かれていく雷蔵


と、ストーリーはこんなところにしておきまして、あらすじだけを見てしまうと、なんだかご都合主義的で雷蔵が余りにも簡単に居合術の名人になってしまったり、それに合わせて暗殺指令が出たりしているのが、おかしいんですけども、コレが三隅研次の演出にかかると俄然面白くなるんですよ。

 


セルジオ・レオーネを思わせる極端なアップの多様、予想外のキャメラアングル、そして、なんといっても、ほとんど「刀剣フェチ」と言っていいほどの刀を写す時のカメラの食いつきの凄さですね。

 


恐らく、三隅監督は相当に刀剣が好きなのでしょう、監督自身が刀剣の魅力に飲み込まれているではないか?とすら思えるような場面が数多く出てきて、その描写が剣三部作の中でも突出しています。

 


コレだけてんこ盛りなストーリーなのに、上映時間は90分もありません。

 


大映のプログラムピクチャーの1つですから、3本立て上映を基本として作られているので、90分以内に収める事を前提に作るという制約があるんですね。

 


この制約は、市川崑増村保造という、大映のエース級の監督ですらありました。

 


とにかく、時間制限がとても厳しい中で制作されていましたから、余計な事は一切できず、それでいて面白くしなくてはいけないわけですから、監督はアタマを絞らざるを得ません。

 


それが本作のような、非常にスピーディでメリハリの効いた娯楽作品を作る事に成功しており、三隅監督は、年に数本の映画をコンスタントに撮るような、ハイペースに映画を作る監督になりました。

 


そんな中でも、自分の表現というものをキチンと伝えていたわけですから、三隅研次は素晴らしい監督だったといえるわけですね。

 


アクションシーンも素晴らしいのですが、私が特に素晴らしいと思ったのは、冒頭の雷蔵の呪われた生い立ちを非常にコンパクトに語る場面の、極端に様式化された演出ですね。

 


今の映画だったら、30分はかけてしまうところをたったの5分で片づけてしまうための大胆な演出なのですが、ここの撮影がホントに素晴らしかったですね。

 

f:id:mclean_chance:20190814221831j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークナー→村上春樹→イ・チャンドン

李滄東(イ・チャンドン)『バーニング』

 

 


イ・チャンドンの8年ぶりの新作。

 


原作は村上春樹の短編『納屋を焼く』で、コレを韓国に置き換えて、坡州(バジュ)を舞台にしたお話となってます。

 


もともと、NHK村上春樹の短編をドラマ化するというプロジェクトの一環だったのだそうですが、コレが結局、劇場作品になりました。

 


日本では、NHKで95分の短縮版が放映され、続いて完全版が劇場公開されるという、変則的な形で上映されました。

 


お話しのスジは大変シンプルですが、140分を超える結構なボリュームのある作品です。

 

 

 

主人公のジョンスは、大学を出ながらも、ロクに就職もせず、小説を書いているような、まあ、村上春樹によくいるキャラですね。

 

 

f:id:mclean_chance:20190814160722j:image

ジョンス。ちょっとジョイスっぽい名前でもあります。

 


そんな彼が街でたまたま出会った幼馴染みのヘミとその友人である、高等遊民のベンとのお話しです。

 

 

f:id:mclean_chance:20190814160825j:image

偶然、ヘミと出会う。整形していたので、ジョンスはすぐに気がつかない(韓国はブラジルと並ぶ整形大国です)。

 


本作のカギとなるのは、アメリカの作家、ウィリアム・フォークナーです。

 

f:id:mclean_chance:20190814160940j:image

20世紀のアメリカを代表する作家、フォークナー。『三つ数えろ』や『黄金』の脚本を書いた事でも有名です。

 


フォークナーというのは、なかなか日本では人気のある作家とは言えませんけど、アメリカ南部の因習深さというか、人種差別とか、そういうアメリカの闇を描いているんですよ。

 


しかも、彼が最も脂がのっていた、1930年代(作品が読まれるようになるのは、もっと後なのだそうです)のアメリカですから、ハッキリと書くことはできないんですね。

 

 

何しろ、アフリカ系の人たちには公民権などない時代です。

 


どうしても、仄めかすように書かざるを得ないんです。

 


まあ、ハッキリ言えば、わかりづらい(笑)。

 


しかし、世の中にはというのは、何もかもわかりやすくはできてはいないし、言葉に出して言えないことはいつの世もあるわけですよね。

 


フォークナーが生まれ育ったアメリカ南部にもそういうものが濃厚にあり、それが彼の文学の中心にありました。

 


そんな晦渋な作家を村上春樹も好んでいるようでして、それを『納屋を燃やす』という、あまり注目されていないと思われる短編(村上春樹ファンではないので、間違ってるかもしれません)の中で、主人公に言わせており、それが本作の作品の核にもなっているんです。

 


と、回り道しましたけど、本作は、こんな事から決して万人向けではない事は最初に断っておきます。

 


本作の話しの転機は幼馴染のヘミが失踪してしまう事からサスペンス性が高まります。

 

f:id:mclean_chance:20190814161118j:image

ジョンス、ヘミ、ベンの三角関係。

 


が、ヒッチコックジェイムズ・スチュアートよろしく必死になってジョンスがヘミを探すわけでもないんですよコレが。

 

f:id:mclean_chance:20190814161219j:image

ヘミの消息は本作では明らかになりません。

 


ジョンスの被害妄想はだんだんと大きくなっていき、失踪の原因を高等遊民のベンに決めつけていくんです。

 


このベンという青年がなぜこんなにカネがあり、日本で言うところの億ションに暮らしているのかは、本作では全く明らかにされません。

 

f:id:mclean_chance:20190814161303j:image

ジョンスはベンをストーキングし始める。

 


しかし、没落した酪農家の息子であるジョンスはホンダのオンボロな軽トラックを乗り、ベンはポルシェに乗っている。

 


イ・チャンドンはハッキリとは言ってませんけども、韓国社会の勝ち組/負け組の露骨さを、クルマというもので観客にわからせようとしているんだと思うんですね。

 


また、イ監督は一貫して、ソウルを舞台とした映画を撮らず、必ず、それほど有名でもない地方都市をロケーションして撮るんですけども、この、ソウルと地方都市との格差みたいなものは常に感じさせます。

 


原作の納屋は、映画ではビニルハウスになっていますが、ネタバレさせてしまいますけども、この謎は解けません。

 


タイトルが何を意味するのかは、明かされないんです。

 

f:id:mclean_chance:20190814161349j:image

ビニールハウスは何を象徴するのでしょうか。

 


この韜晦っぷりは、ハリウッド映画にはちょっと見られないものです。

 


で、そういう晦渋と韜晦というイ監督の気質が、村上春樹〜フォークナーとものすごいフィットしてるんですよね。

 


つまり、本作は、もう題材として選択した段階で成功しており、その意味で、NHKがイ監督にドラマ制作を依頼した事の見識の確かさは誇ってもいいのではないかと思うのと同時に、日本の監督にどうしてコレが撮れないのか?という事も思ってしまうのでした。

 

f:id:mclean_chance:20190814161449j:image

このネコちゃんは見てのお楽しみ。

 


いずれにしましても、いざ、監督するとやはり傑作を作ってしまうイ・チャンドンは現代を代表する巨匠と言わざるを得ませんね。

 


彼の作品は全てオススメです。

 

f:id:mclean_chance:20190814161523j:image

 

 

 

 

 

 

 

ブニュエルは最後までブニュエルであった(笑)。

ルイス・ブニュエル『欲望のあいまいな対象』

 

f:id:mclean_chance:20190814083300j:image

フェルナンド・レイの語る、奇妙なお話し。


最後のシュルレアリストにして、うなぎのような反骨精神を貫いたブニュエルの遺作。

 


と言っても別にそんなに重く受け止める必要はなく、シルベルマン/カリエールと組んだ、アタマのネジが一本取れたような、あのトボけ感と、いつもの唐突なラストに、更に老人力が加わった、肩の力が抜けた快作。

 


ブニュエル組。と言ってもよい、怪優フェルナンド・レイが電車の中で語る、コンチータという女性の回想。という体裁で、進む、谷崎潤一郎なお話しです。

 


にしても、この肩の力の抜けっぷりがもう素晴らしいですね。

 


若い頃、と言っても、もう50歳は過ぎてたんですけども(1900年生まれ。デューク・エリントンヒッチコックよりも1つ歳下)、メキシコ時代の多作ぶりとその反骨精神は、まことに天晴れという他ない監督ですけども、フランスに渡ってからの「ユルすごい」という、他の追随を一切許さないオリジナルな作風もコレまた絶品であり、しかも、レオン・リー並みの高打率(喩えが古過ぎてスンマソン。若い子はググってね)なのです。

 


そんなブニュエルですから、もう、私なんかは安心して見てられるんですども、まあ、ハリウッド映画しか見たことない人には、「あれ?」みたいな展開が唐突に起こるので、そこがイライラ、モヤモヤしっぱなしでしょうね。

 


ブニュエルは、そういう人を明らかにおちょくっていて、「そんなハリウッド映画みたいに全部がつじつまが合うように説明できるなんて、強迫観念っしょ」という信念に基づいて、つじつまがどこかおかしい映画ばかり作り続けた、ホンモノの反骨です。

 


基本は金持ちのおっさんと若い女性を巡るメロドラマなんですけども、それがとても奇妙でどこかおかしいんですね。

 

f:id:mclean_chance:20190814083446j:image

コンチータとの出会いがこの中年男を狂わせる。見ている側とともに。


ハナからぶっ飛んでいるのではなくて、ディテールがおかしいんですよ。

 


その最大のポイントは、すでに指摘されていますが、フェルナンド・レイが演じる中年が恋い焦がれるコンチータを演じる女優が2人いまして、何の説明もなく、2人は入れ替わってます。

 


2人一役という、とんでもないイタズラをブニュエルは仕掛けていたんですね。

 

f:id:mclean_chance:20190814083612j:image

はい。コンチータを演じているのは、このお二人でした。

 

f:id:mclean_chance:20190814083659j:image


f:id:mclean_chance:20190814083651j:image


しかし、公開当時、この事に気付いている人は少なかったんです(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20190814083828j:image


f:id:mclean_chance:20190814083821j:image

 


フェルナンド・レイの「欲望の対象」は明確なのに、映画のタイトルが「あいまいな対象」となっているのは、そういうイタズラであったと。

 

 

f:id:mclean_chance:20190814083746j:image

f:id:mclean_chance:20190814083917j:image

 


その他にも、通奏低音ように、テロが何度か唐突に起こっており、コレが最後の大爆発の伏線には一応なってますけども(新聞で飛行機墜落!みたいな虚構新聞もビックリな見出しも出てきます)、ブニュエル作品にしばしば見られる、「強制終了」ではあります(笑)。

 


ハリウッド映画の、ある意味、強迫観念とも言える伏線張りまくり、起承転結ありまくりばかりを見ていると、何が面白いのかわからないどころか、途中で不愉快にすらなる作品かもしれませんが、そういうものを放棄して虚心坦懐に見ますと、これほど痛快な作品もないと思うので(爆発)

 

f:id:mclean_chance:20190814083906j:image

 

オーソン・ウェルズのシェイクスピア劇の集大成!

オーソン・ウェルズオーソン・ウェルズのフォルスタッフ』

 

f:id:mclean_chance:20190809235112j:image

愛すべき怪人、フォルスタッフ。


シェクスピアのいくつかの戯曲に出てくる、架空の巨漢の騎士、サー・ジョン・フォルスタッフを主人公とした、ウェルズの主演・監督作。

 


お話しの大枠としては、ヘンリー4世からヘンリー5世という、15世紀初頭のランカスター朝のお話しで、まだ、フランスとは百年戦争の最中で、停戦中です。

 


王太子のヘンリーとフォルスタッフは放蕩仲間で、お話しの前半はそこが丹念に描かれています。

 

f:id:mclean_chance:20190809235233j:image

王太子ヘンリーとフォルスタッフ。


f:id:mclean_chance:20190809235227j:image

 

f:id:mclean_chance:20190809235240j:image

 


で、中盤は1403年に起こった、ウェールズの反乱に合流した、ノーサンバランド伯ヘンリーとその息子のヘンリー・パーシー(ヘンリーばかりでややこしいです)と、伯父のウスター伯トマスがイングランドに叛旗を翻したので、ヘンリー4世と王太子ヘンリーが迎え撃つお話しです。

 

f:id:mclean_chance:20190809235343p:image

ランカスター朝創始者、ヘンリー4世。


f:id:mclean_chance:20190809235359j:image

 


そして、後半は数々起こる反乱によって病気がちとなるヘンリー4世の跡を継ぎ、ヘンリー5世が即位するお話しです。

 


おおよそ、シェークスピアの『ヘンリー4世』の二部作に基づいた構成になっており、ここに『ウィンザーの愉快な女房たち』活躍するフォルスタッフの様子を加えての映画作品となっているのですが、素晴らしいのは、前半から中盤にかけての驚くほどスピーディで短いショットを積み上げていく、ウェルズ独特の編集とキャメラワークの凄さですね。

 


ウェルズ演じる、放蕩の巨漢フォルスタッフのうまさは、もう言葉が追っつかないですね。 

 

f:id:mclean_chance:20190809235611j:image


f:id:mclean_chance:20190809235624j:image


f:id:mclean_chance:20190809235614j:image

 


愛嬌と凄みが共存する、人間というより、妖怪とか怪物に近いキャラクターで、それを極端にデフォルメした着ぐるみのような体型とメイクという、普通にやってしまったら、ほとんどキワモノになりかねないような事をウェルズの演技力によって、違和感なく映画の中に溶け飛んでいるというのは、脱帽という他ありません。

 


ヘンリー4世は、ジョン・ギールグッドですね。シェークスピア俳優として名高い人なので、冷徹なイングランド王を見事に演じております。

 


そして、もう一つ特筆すべきは、中盤のノーサンバランド伯とウースター伯の、いわば、パーシー一族によるイングランドへの反乱の戦いのシーンの凄さですね。

 

 

f:id:mclean_chance:20190809235743j:image

写真のみだとわかりづらいですが、ものすごい戦闘シーンです!

 

f:id:mclean_chance:20190809235810j:image


ご存知のように、ウェルズはデビュー作『市民ケーン』で、新聞王ハーストを激怒させてしまい、事実上、「亡命者」のようにいろんな国から資金援助を受けながら映画を撮り続けたのですが(資金難でいくつかのの映画が途中で挫折していますし、完成した作品が不当にカットされているものすらあります)、本作もスペインで撮影され、かなりの低予算なのですが、そういう資金難が微塵も感じられないほどの凄絶な戦闘シーンでして、白黒撮影の利点を見事に使ったどこか幻想的でもある映像で、短いショットの積み重ねの中で敵なのか味方なのかも定かではない殺し合いをひたすら写しだすという、とにかくもって凄まじい映像が展開します。

 


そこをファルスタッフが一切戦闘に加わらず、隠れたり、逃げ回っているシーンを何度もスッと見せるのがコレまたおかしいのですが。

 


王太子ヘンリーとヘンリー・パーシーの一騎打ちも、一切の虚飾なしの演出で描かれていますね。

 


しかし、このような目まぐるしくも華々しい展開が後半になると、急に重苦しくなっていきます。

 


この極端な対比がフォルスタッフの奈落の底に落ちていくような没落と相まって、ウェルズはこの後半をとても冷徹に描いております。

 

ウェルズは、シェークスピア作品として、『マクベス』、『オセロ』、そして本作を撮っていますがそのどれもが秀逸で、オススメできます。

 

f:id:mclean_chance:20190809235511p:image

 

 

 

 

 

 

 

政府による壮大なヤラセ!

ピーター・ハイアムズカプリコン1

 

f:id:mclean_chance:20190808162130j:image

火星へ向けて打ち上げられる花火られる「カプリコン1」

 


コレは面白かった!

 


70年代のアメリカ映画は私の好みにバッチリ合いますが、コレも最高でした。

 


本作はNASAの宇宙開発をめぐる、とんでもないヤラセ事件(実際にあったわけではないですよ)を描いた作品ですけども、そのヤラセ計画がすごいわけです。

 


ロケットの打ち上げというのは、莫大な国家予算が必要なんですけども、コレを継続させるために、火星への着陸計画をでっち上げて、大統領ならびにアメリカ全国民を騙すという、計画なんですよ。

 

f:id:mclean_chance:20190808162312p:image

三人の宇宙飛行士。

 

f:id:mclean_chance:20190808162225j:image

巨大なヤラセ計画に巻き込まれてしまう三人。


しかし、この計画がひょんなところからほころびが出てくるんです。

 


そこからのサスペンスが、CGもインターネットもない時代だと、こんなに大変なのだ。という事が、実に丹念に描かれていいるんですが、本作は、まず、この脚本の面白さ、大胆な構想ですよね。

 


もう、それで80%は勝ちですが、そこに説得力を持たせるアクションの面白さです。

 


このアクションをないがしろにしてしまっては、全くもって面白くもなんともない作品になってしまいますよ。

 


CGがない時代はホントにクルマを走らせ、飛行機を飛ばし、かつ、映画的な迫力を演出していかなくてはならないので、ホントに大変なんですけども、そこの手抜きが全然ないですね。

 

f:id:mclean_chance:20190808162410j:image

巨大な渓谷の中をヘリコプターと複葉機がホントにチェイスでございます!

 

f:id:mclean_chance:20190808162530j:image

ホントに飛んでいる飛行機にしがみついております!


私が個人的に一番よかったシーンは、新聞記事のエリオット・グールドがやれやれと自宅に戻ったところにいきなりFBIが操作に乱入するところで、コレはホントにうまかったなあ。

 


アメリカ映画の非常に良質なエンターテイメントを堪能させてもらった逸品でした。

 

f:id:mclean_chance:20190808162706j:image

ヤラセ計画を暴こうとする、エリオット・グールド。後ろにいるのは、テリー・サバラスです。