まさかの完結編が(笑)!キアヌ、ありがとう!

ディーン・パリソット『ビルとテッドの時空旅行』

 


驚きました。


前作『ビルとテッドの地獄旅行』が1991年です。


29年ぶりの続編ですよ(笑)!


しかも、主演のキアヌは今や大スターであり、もはやアホアホ映画に出るような人ではありません。

 

なんと、本作の音頭を取ってくれたのは、キアヌのようなんです。

 

キアヌありがとう!


しかし、このインターバルがたしかに必要な内容で、寝かせておく必然性がありました。

 

それは見るも納得します。メイクとかではやはりダメですね。


3作すべて監督が違いますが、エド・ソロモンがすべて脚本を書いていおり、実はものすごく一貫性があり、実質的に彼のプロジェクトなのだと思います。


ビルとテッドはあのアホアホなまんま50代のおっさん、となり、売れないミュージシャンであり、世界を救う。とさせる曲はまだ書いてません。

 

f:id:mclean_chance:20210113025129j:image

あの2人が帰ってきました!ちゃんとおバカのまんま!


冒頭の結婚式での音楽性を見失った2人の演奏は、実は最高です(笑)。


むしろ、この方向性を追及していったら、良かったのでは。と個人的には思いましたが、しかし、「世界を救う」というあの大目的が成就はしないのです(笑)。


しかし、そんな彼らのもとに、またしても未来からタイムマシンが。

 

f:id:mclean_chance:20210113025234j:image

やはり、電話ボックスがタイムマシンです。

 


今回はキアヌが大スターになっているので、制作費が10倍くらいになっていると思いますけども、基本的なテイストはあのB級です(特に28世紀のシーンはカネがかかっているのに、ザルドス感が相変わらずですね)。

 

f:id:mclean_chance:20210113025321p:image


f:id:mclean_chance:20210113025327j:image

ムダに豪華な未来シーン。でも、安っぽいです(笑)

 

f:id:mclean_chance:20210113025440j:image

あと75分で曲を作れと。

 


第1作の前半に漂うウダウダした感じは、最初の10分もなく、実はいきなり宇宙全体の危機となり、それを解決するするのが第1作からの懸案事項であった、あの「世界を救う曲」なのです。


しかも、あと75分で作らないといけないという(笑)。


だいたい、映画の上映時間と合ってるのが笑えますが、この、どうやって客を作るのか。がタイムトラベルを1つの頓知ものに換骨奪胎したこのシリーズの真骨頂であり、このパワーと勢いは、かの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』よりもアイディアとしては遥かに面白いと思いました。


ココがめちゃ面白いので、一切ココには書きません。

 

 

f:id:mclean_chance:20210113025930j:image

コイツがなんなのかは見てのお楽しみ。


1つだけ書くとしたら、実はビルとテッドの解決策と真反対の解決法を考えているのが、この2人の娘さんたちなんです。

 

f:id:mclean_chance:20210113025530j:image


f:id:mclean_chance:20210113025533j:image

製作費が増えて一番良かったのは、キャスティングがちゃんとして、頓知の効いた脚本を活かせる撮影シーンが増えた事と、もう一つの主演コンビである、娘たちがとてもよかったことです。本作のMVPはこの2人です。


この2人はロクに働かずに音楽ばかり聴いている、かなりの音楽性マニアです(それはこの2人の界隈にさりげなく出てきます)。


ビルとテッドはアホなのですが、妙な頓知があり、それだけで乗り切ってしまう、努力と根性が全くない2人なのですけども、娘たちは、この頓知を受け継いでいて、しかも、賢いんです(笑)。

 

f:id:mclean_chance:20210114221846j:image

デイヴ・グロールカメオ出演します。どこなのかはお楽しみに!

 


ちなみに、若干ネタバレさせますと、地獄がまた出てきます。

 

f:id:mclean_chance:20210113025831j:image

なぜまた地獄なのかは見てのお楽しみ。

 


何があるのかは言いませんけど。


コレは狂言でもなんでもなく、2020年の新作ベストは、コレです。


それくらい良かったですね。

 


今ひとつと評価された第二作目も、本作によって救われている側面があります。

 


この作品から見ても十分面白いですけども、できれば、前作は見といた方が感動が更に倍増する事をお約束します。必見!

 

f:id:mclean_chance:20210113030015j:image

お約束のあんまり似てない有名人が今回も(ココがチープなのがわかってます!)。

 

f:id:mclean_chance:20210113030326j:image

チープとカネかけているシーンのバランスが絶妙です!