読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

邦題が素晴らしいよね。

ジョーセフ・ロウジー     『唇からナイフ』

 

とても引き締まった映画を撮るロウジーが、こんな鈴木清順の日活時代みたいな映画を撮っていたのは、まことに驚きです。

 

f:id:mclean_chance:20160815213727j:image

 

最近独立したマサラ国は産油国ですが、政情が不安定です。

イギリス政府は、マサラ国からの石油が欲しいので、ダイヤモンド5000万ポンドを政府に渡そうとしたのですが、事前に察知されて、爆殺されます。

そこで、すでに引退した、世紀の怪盗モデスティ様にこの任務を任せる事にしました。

 

f:id:mclean_chance:20160815213752j:image

シルクハットの大親分的なキャラ。


セクシー美女が大怪盗。というのは、峰不二子ちゃんにも継承されるキャラクターで、その典型です。

あっ、テーブルの上にマイルス『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』が(笑)。

音楽監督がジョン・ダンクワースでロウジー監督自身も奥さんがジャズヴォーカリストの、クレオ・レーンというだけの事は。

さて、そのダイヤを輸送中に横取りしようとしているのが、ダーク・ボガード

 

f:id:mclean_chance:20160815213854j:image

 

お色気、サスペンスともに見事で、主演のモニカ・ヴィッティケレン味たっぷり(しかし、それが全くイヤミにならない)な演技、ダーク・ボガードのイヤ〜なキャラクターともども、一切適当に作っている感じがない。

 

f:id:mclean_chance:20160815213915j:image

モデスティの相棒ウィリー。

 

いわゆるカルト映画という事にはなると思いますが、今見ても陳腐な感じがしないのは、さすがロウジーだと思います。

 

f:id:mclean_chance:20160815214004j:image