読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリュフォーは初めからトリュフォーだった。

フランソワ・トリュフォー『あこがれ』


f:id:mclean_chance:20160309191328j:image

無名時代のトリュフォーが撮った短編。

まるで、ジャン・ルノワール『ピクニック』がモダンになって帰ってきたかのような瑞々しさに驚いてしまう。

この自転車で町を駆け抜けていく女性の姿を撮る冒頭シーンに、その後のトリュフォーの魅力がもう溢れている。

トリュフォーの美しさは、やっぱり白黒で発揮されますね。
男の子達がキスを見て、 やいのやいのする、いたずら心。

こういう何とも言えない爽やかな叙情が、トリュフォーの持ち味ですね。

年上の女性にあこがれながらも、幼すぎてどうすることもできず、ついついいたずらしてしまう男の子たち。

リュミエール兄弟の撮影した映像のほとんどパクリみたいな映像を挿入したり、トリュフォーの映画愛の深さを感じます。

f:id:mclean_chance:20160309191343j:image