読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒップホップ映画ではありません。

園子温『Tokyo Tribe』


f:id:mclean_chance:20160124195347j:image

えー、疲れました(笑)。

登場人物が多すぎて、掴みにくいです。


要するにネオ・番長ムービーのサントラがヒップホップというだけで、それだったら、『ビーバップ・ハイスクール』の方が面白かったなあ(原作はどうも好きになれなかった)。

ヒップホップをちゃんと映画に取り込んだ傑作は日本では『サウダーヂ』だけかな、今のところは。

f:id:mclean_chance:20160124195442j:image

園監督のやり方は、ことごとく私とすれ違うというか、まあ、感性が合わないんでしょうね。

唯一の発見がラッパーよりも役者の方がラッパーに見えるということで、狂言回し的なキャラのMC Showを演じる染谷将太が一番ラッパーに見えることですね(相当練習したと思います)。

MC漢。とか、モノホンの凄腕が画面にいるのにもかかわらずですからね。

ここが映画の面白いところですね。

f:id:mclean_chance:20160124195400j:image

f:id:mclean_chance:20160124195620j:image