読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでこんなにこわいのよ(笑)!

イングマール・ベルイマン『叫びとささやき』


f:id:mclean_chance:20151116212347j:image

ベルイマンは結構容赦ない映画を作る人ですが、この映画は彼の作品の中でも相当に厳しい作品の1つだと思います。

三人姉妹の真ん中が、何の病気なのか、見ててもわかりませんが、こわいんですよ。コレが(笑)。

生半可なホラーなんて目じゃないんです。

スヴェン・ニクヴィストのカメラワークのえげつなさ。

こんなに容赦なく、登場人物一人一人をむき出しに映すような顔のアップ連続!みたいな撮り方って、ちょっと見たことないです。

もう、結構な巨匠になっている頃だというのに、何たるギラギラを通り越した、異様な狂気すら伝わってくる映像です。

ここまでやると、ギャグになりかねませんが、やっぱりこわいす(笑)。

登場人物がことごとく血が通ってませんね(笑)。

金持ちの異様な冷たさ。

19世紀末と思しき、スウェーデンのお金持ち一家のお話しなんで、映像は豪華ですが、赤を基調とした不気味な色調で、アザとく赤ワインが入ったグラスが割れたり、画面がブラックアウトじゃなくて、レッドアウトします(笑)。

唖然としますね。。

何がここまでベルイマンを追い込んでいるのでしょうか。

巨匠の名作なんて、退屈でつまらんのでしょ?と思ってる方がいたら、是非ともコレをご覧いただきたいです。

精神的に落ち込んでる方は、あまり見ないほうがいいかもしれません。

刺激が強すぎますので。

ベルイマン真骨頂は、やっぱり終盤ですね。コレは一切言わない方がいいでしょう。

ベルイマンが、『お葬式』を撮ったら、こうなるという(違うか)、息苦しいまでの黒い傑作。

f:id:mclean_chance:20151116212410j:image