読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タランティーノもびっくりよ。

岡本喜八『独立愚連隊』


f:id:mclean_chance:20151110224408j:image

すごいなあ。

『ワイルド・バンチ』や『マッシュ』よりもずっと先にこれが作られていたなんて。

岡本監督はこの映画にとても不満だったようで、それが代表作『肉弾』を生む契機となったようですが、イヤイヤ、こんな映画は岡本喜八にしか撮れません。

日中戦争をモチーフとした、フィクションですけども、戦争映画を完全に時代劇に換骨奪胎してしまうと手腕には脱帽であります。

主演の佐藤允の愛嬌と凄みが同居するキャラクターは見事と言うほかなく、彼はコレで一躍俳優として脚光を浴びることに。

基本的にはコミカルでスピーディな娯楽作なのですが(三船敏郎が狂った大隊長を演じておりますが、特に『七人の侍』と違わないところが素晴らしいです)、ラストの戦闘が醸し出す無常感はやはり岡本喜八ですね。

戦争が終わって、そんなに月日が経ってない頃にこんな無茶な映画撮ってた事、それ自体がもはや痛快事。

f:id:mclean_chance:20151110224418j:image