読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

谷崎原作、新藤兼人脚本、あやや主演で悪かろうはずがない!

増村保造『卍』。

谷崎潤一郎の原作の初の映画化。

昭和3年に『改造』に発表されたかなりキワキワの小説を、戦後に設定を変えて、相変わらずのドライな演出で見せる増村の演出が素晴らしい。

バイセクシャル、四角関係、ドラック、フリーセックス、悪魔主義に耽美主義。と、やりたい放題の原作(メロドラマのほとんどは、『卍』のヴァリエでしょうね)を、ドロドロのベッタリにならないどころか、たったの90分でカタをつけてしまうという手際に驚いてしまう。

若尾文子岸田今日子というダブル主演は見事というほかなく(あややのエロさといったら!)船越英二の豆腐でできてるんじゃないのか?としか思えないグズグズなキャラクターはいいですねえ。

だんだんギャグみたいになっていくのもおかしゅうございました。

ラストは松本人志の「えええええ〜……」でございます(笑)。

新藤兼人の脚本が見事ですね。こんなぶっ飛んだ展開を書ける人なんだあ。と、改めて尊敬してしまいました(まあ、『えんかえれじい』の脚本も新藤ですからね)。

60年代の増村保造は、平均点が高く、どれもこれも見どころがありますね。必見。

f:id:mclean_chance:20151023104009j:image