読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博士の異常な愛情+太陽を盗んだ男

山川元『東京原発

2004年公開。

タイトル通り、東京に原発を作ろう。という内容なのだが、こんな映画が我が国が作ってました。

あの事故の前に。

相当な低予算映画ですが、であるがゆえにそれを逆手にとった作りです。

小泉元首相をモデルにしたと思われる、役所広司演ずる都知事の余りにも都合のよい理論。

それにアッサリと従う都のスタッフ。

でも、これは全然笑えませんよ。

この都知事の発想で各自治体の首長は、原発を誘致しているに違いないからです。

これに納得できない副知事が呼んだのが、東大の物理学の教授。

彼は、関東大震災阪神淡路大震災クラスの地震原発を襲った場合、もたないだろうとハッキリ言ってますが、それはホントなのでした。

ちなみに、原発はコントロールできないので、動かしたら、24時間フルタイムで発電し続けてるんです。

つまり、ほとんどムダです。

よって、日本の水力、火力発電には十分余力があるので、原発をすべて止めても何ら問題ないのだと。

これもホントでした(笑)。

電力会社が原発再稼働を焦るのは、9社でものすごい負債を抱えているからです。

独占企業なので、好き放題カネを銀行から借りまくった結果ですね。

それで、アメリカの4倍近い電気料金を企業は払っているのです。

このへんは、企業のみなさんは怒ったほうがいいのでは。

しかし、余りにもブラックで真実をついておりまして、この大学教授の話は全く笑えません。。

ハナシはズレますが、世界各国で様々な主張をしている危険な集団がおりますが、この人たちが日本が保有するプルトニウムを盗んで、ジュリーみたいに小型原爆作っちゃったら、どうなるんでしょうね。

あるいは、危ない独裁者に転売したり。

映画公開当時の日本のエネルギー開発に関する予算の9割は、原子力に注がれており、これをいち早く転換しなくては、世界各国のエネルギー開発から大きく立ち遅れる。と結論づけてます。

ホントにそうなっております。

どうです?こわくなってきましたか?

しかし、これはこの映画の前半でしかありません。

ココからが本題なのですが、それは見てのお楽しみ。

こんな映画がTSUTAYAで普通にレンタルしてるのですから、日本はいい国なんですよ。

捨てたモンじゃないです。


追伸

都知事の名前が天馬。というのは、恐らくは、『鉄腕アトム』を生み出した天才、天馬博士からとったのでしょう。

アトムの動力源は原子力ですからね。

f:id:mclean_chance:20150920182042j:image