イギリス映画

ノーザン・ソウルを知らなくても充分楽しめる青春映画の逸品!

エレイン・コンスタンティン『ノーザン・ソウル』 鬱屈したイングランドの街。 面白かった! 最高でした! ソウルへの愛に満ちた傑作!! 1970年代の、財政が慢性的に悪化して経済が停滞しまくっていたイギリスのドンヨリした感じがホントに素晴らしかった。…

スコリモフスキの青春残酷物語!

イェジー・スコリモフスキ『早春』 流浪の監督、スコリモフスキの過去の作品はまだ日本では見ることができないものが多いですが、1970年公開の本作もようやくDVD化しました。 主人公の男の子は、『ルートウィヒ』の、普墺戦争に参戦した事が原因で精神疾患に…

普通に面白かった。

デレク・ジャーマン『ヴィトゲンシュタイン』 20世紀最大の哲学書の1つであろう、『論理哲学論考』を著した哲学者、ルードウィヒ・ヴィトゲンシュタインの生涯を描いた作品。 実際のヴィトゲンシュタイン。オーストリア帝国の大富豪の生まれで、西部劇やミ…

価値観の転換期を繊細に描く

ジェイムス・アイヴォリー『眺めのいい部屋』 ジョージに興味を持ち始めるルーシー。 付き添い人のシャーロットはイギリスを代表する女優、マギー・スミス。 イギリスの文豪、フォースターの原作の映画化。 すでにかなりのキャリアを積んでいたアイヴォリー…

カズオ・イシグロがノーベル文学賞とったと思ったら、監督のアイヴォリーまでアカデミー受賞でした。

ジェイムス・アイヴォリー『日の名残り』 スティーヴンスが仕えるダーリントン卿の邸宅。 ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ(彼を日本と結びつけて考えても仕方がないと思います)原作の小説の映画化です。 「マーチャント・アイヴォリー・プロダク…

ロージー=ピンターの最高傑作!

ジョセフ・ロージー『恋』 ジョセフ・ロージーの邦題はいつも素っ気ないんですが(原題も素っ気ないんですが。。)、そのチャンピオンがコレでしょうね。 赤狩りによってアメリカで映画が撮れなくなってしまったロージーですが、イギリスは彼の性に合ってい…

2049よりも2297かも?

ジョン・ブアマン『未来惑星ザルドス』 このメタルなタイトルロゴがジワジワきます。 ショーン・コネリーはジェイムス・ボンド役をやめてからややしばらく低迷期がありましたが、恐らく、本作がコネリーの底値であったでしょう。 そして、ここからが反転攻勢…

モンティ・パイソン好きな人には超オススメ!

トニー・リチャードソン『トム・ジョーンズの華麗な冒険』 この少年の数奇な人生?を描く コレは忘れられた傑作だと思います。 アカデミー賞の作品賞、監督賞を含む4部門も受賞している割には、極端に知名度が低い作品ですね。 原作が18世紀のイギリスの小…